信州 あけび蔓 繭形バスケット

型番 CNQ001
販売価格 29,700円(税込)
購入数

奥信濃の山地に自生するあけびの蔓は、古くは江戸時代から背負籠などの生活必需品として使われてきました。
温泉に浸して柔らかくしてから編みあげるあけび籠は弾力性に富み、丈夫。現在では、長野県伝統的工芸品に指定されています。

この繭形バスケットは形の可愛らしさと、重いものを入れてもびくともしない堅牢さに惹かれました。
持ちての編み方も素敵です。
インテリアのアクセントとして、雑誌を入れたり、デイリーなワインを入れたり、植物鉢を入れたり。
あるいは、小型犬や猫ちゃんを入れて連れ歩くこともできそうです。
しっかりした編み目と美しい曲線が技術の確かさを物語っています。

【DATA】
サイズ
[底面]約42cm(長さ)×約18cm(横)[外寸]約38cm(長さ)×約24cm(横)×約33cm(高さ・持ち手含む)
素材
あけび(国産・長野県)
ラッピング
申し訳ありませんが対応できません
備考
商品サイズの都合によりリサイクルのダンボールにてお届けいたします。ご了承下さい。

最近チェックした商品

2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031