【限定品】TOUBOKKA 名刺入れ 揚羽蝶

纐纈文桃染革(和鹿)
前金具 鹿角
裏座  水牛の角

絞り染めを施した桃色の鹿革に、鹿角で作られた揚羽蝶の飾りが付けられた名刺入れです。
向かい合った二頭の揚羽蝶の繊細な細工には、誰しも目を奪われることでしょう。
さらに桃色の絞り文様が蝶の華やかさを引き立てます。
鹿革の染めもTOUBOKKAが手がけています。
本体部分はすべて手縫い。「閑清縫い」という、江戸から明治時代にかけての縫製方法で仕立てられています。この縫い目の細かさ、美しさも見どころの一つ。

TOUBOKKAは、江戸時代の袋物文化を現在に再びよみがえらせようとする試みから生まれたブランド。
残された品から過去の手業を学び、果てしない時間をかけて、遊び心のある品を製作しています。


*このお品物は2018年8月31日までの限定販売です。


【DATA】
サイズ
10cm(横)×7cm(縦)×2cm(マチ)
素材
日本製鹿革、鹿角
ラッピング
ギフト包装C(無料)にて承ります
製作
TOUBOKKA

最近チェックした商品

2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031