うやま工房 房州うちわ(大型)桔梗

房州うちわは南房総で育まれ受け継がれてきた、千葉県を代表する伝統的工芸品。
良質の女竹を用いた、丸柄(持ち手)と、精緻な「窓」が特徴です。
房州のうちわづくりには21工程あり、すべてが手作業で仕上げられています。
竹の採取から仕上げに至るすべての工程を自分のところでまかなっているのは、今や、うやま工房一軒のみとなっています。
(うやま工房さんでは竹の収穫時期まで、うちわにするのにふさわしい時期を選んでいるそうです)

藍と白のトラディショナルな浴衣地を使った「桔梗」は、日本の夏らしいさっぱりとしたデザイン。
インテリアとして飾るのも素敵ですが、うやま工房さんのこだわりは、やさしくしなる竹にあります。
実際に工房に来て風を扇いだ人は、「半数以上がこの大型サイズをを選ぶ」とのこと。
房州うちわの風をダイレクトに感じることのできる、ぜいたくなうちわです。
(裏に「うやま工房」の印が押されています)

【DATA】
サイズ
約290mm×約215mm 持ち手含んだ高さ420mm
素材
和紙、竹
ラッピング
申し訳ありませんが対応できません。

最近チェックした商品

2018年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930