Kagocco Pepin

岩手県遠野市で胡桃のかごを制作されているKagocco Pepinさん。
かご好きが高じて、最初は神奈川県の林や低山でアケビなどを採り、独学でかご作りを始められました。
「東北で籠づくりがしたい」との思いから、2013年遠野市に猫とともに移住。
材料の採取を現地の方に教わり、胡桃かごの素材収穫から作製まで一貫して、ご自身で手がけられています。

Kagocco Pepinさんが目指すのは、「シンプルで少しシック、でも柔らかい雰囲気のかご」。
曲線的なフォルムや持ち手のバランスなど、ちょっとしたところに可愛らしさがのぞきます。

胡桃の収穫から製作まで

遠野では、胡桃の収穫時期は「桜の咲く頃から」と言われています。
桜は例年GW後半に見頃を迎え、それと時期を同じくして、胡桃の皮がむけるようになります。
5〜6月に収穫された胡桃が素材としてはベストだそう。
Kagocco Pepinさんが使われる胡桃はほぼ9割が鬼胡桃です。

Kagocco Pepin Kagocco Pepin Kagocco Pepin
5月から6月にかけて若木を収穫 刃物で縦に切り目を入れてパカッと樹皮をむく 手前は皮を剥く前、奥が剥いた後の中身の枝
Kagocco Pepin Kagocco Pepin Kagocco Pepin
中表にしてくるくる巻き、乾燥させる。 むきたては薄い黄色(手前)。1〜2日で茶色に変わります(奥) 中身の枝。冬の間の薪ストーブの燃料になります。 何ヶ月か乾燥後、再び水に浸して柔らかくし、洗い、ヒゴにして、編みます

自然の恵みから生まれた胡桃かごは、長く使えば使うほど、色艶を増してきます。
Pepinとはフランス語で「種」の意味。
種から植物を育てていくように、胡桃かごをじっくりと自分だけの存在に育ててみませんか。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [2] 商品中 [1-2] 商品を表示しています

全 [2] 商品中 [1-2] 商品を表示しています

Kagocco Pepin 大西麻理

愛知県名古屋市出身。
手芸全般が得意な母親の影響を受け、子供の頃から裁縫・刺繍・編物など手芸を楽しむ。
短大卒業後、セツ・モードセミナーに入学。
会社員生活ののち、2013年、岩手県遠野市に猫と移住。
2017年Kagocco Pepinとして活動スタート。

【Online Store】 Kagocco Pepin
【Facebook】  https://m.facebook.com/kagoccopepin/
【Instagram】  https://www.instagram.com/kagocco_pepin/

最近チェックした商品

2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930